サイト監視ツール Site Watchtower
Copyright (C) 1997-2017 Morimichi ASAHARA

 製品特徴機能 動作環境販売価格ダウンロードサポート

  障害検知時(基本機能)

  ・指定したアドレス(複数設定可)へメールで通知。
   携帯電話のアドレス等で素早く異常を確認でき、問題解決時にも、指定したアドレスへメールで通知可能。

  ・指定したサウンドファイル(.WAV)でアラーム音を発生。
   PING障害時、PORT障害時等、監視項目毎にサウンドファイル(.WAV)を指定可能。

  ・画面上では、監視機能毎のアイコンが警告表示。

  ・外部プログラムの実行。
   監視項目毎に指定したプログラムを実行可能。

  監視履歴(基本機能)

  ・実行した監視結果をログファイルに記録。

  ・ログファイルはGUIから参照可能。

  ・ログファイルを、メモ帳等で開く事が出来るテキストファイル形式、
   Microsoft Excel等で開く事が出来るCSVファイル形式及び、 Internet Explorer等のブラウザで表示できるHTML形式へエクスポート可能。

  ・ログファイルの保存期間を設定
    一定期間で自動的に削除できるので、利用するPCのハードディスク容量を節約。

  PING(選択機能)

  ・ICMP Echo(pingコマンド)機能で監視。

  PORT(選択機能)

  ・HTTP、e-mail、FTP、DNSなどに設定されたサーバーの各種ポートの稼働を監視。

  HTML(選択機能)

  ・ファイルの有無を HTTP STATUS で監視。

  ・HTTPS、POST送信、をサポート。POST送信を利用すれば、パラメータ付きCGIのテストも行うことが出来ます。

  FTP (選択機能)

  ・指定したFTPサーバーのURLにアクセスして、書込み/読込み/削除を実行して監視。
   指定したURLを読込んで一時ファイルをローカルに作成し、書込み及び、削除のテストを行うことが出来ます。

  SMTP(選択機能)

  ・SMTPコマンドでメールサーバーの状態を監視。
   SMTP認証( LOGIN PLAIN CRAM-MD5 )に対応

  POP3(選択機能)

  ・特定のアカウントで実際にメールを受信してサーバーの状態を監視。
   APOP( Authenticated Post Office Protocol )認証に対応